美しき人に、もっと森を

 秋田県と青森県にまたがる13万ヘクタールに及ぶ山岳地帯「白神山地」。その秋田県側の拠点が、藤里町にあります。白神山地の中心部、約1万7000ヘクタールは1993年に日本で初めて世界自然遺産に登録された貴重なエリアです。約8000年前から続く、この原生的なブナの森には多様な生き物が暮らしています。豊かな自然に訪れる春夏秋冬、季節ごとに異なる表情を見せてくれる「白神」。まだ訪れたことのない方、知ったつもりになっている方、もったいないですよ。世界遺産登録25周年となる記念すべきこの年にこそ、ぜひお越しください。

 

 

 

関連ファイルのダウンロード↓